秋田はまだまだ雪です。昨シーズンの押すタイプの除雪機に加えて、今シーズンは、飛ばすタイプの除雪機を導入したんだけれど、なんだかうまく雪が飛ばない。
あまりにはかどらなくて、雪ベラを取り出すことしばしば。
馬力が小さすぎるのかなぁ~~とずっと悩んでいたのですが、タイミングよく、お仕事で除雪機を扱っているお客様がいらっしゃった。買い換えか なんて話も出ていたのだけれど、担当の方に見てもらったら、ボルトが切れているって。ボルトがすぐ切れるようになっているって話は、ほかの人から聞いていたのだけれど、「どこのボルトよ?」って思ってた私。もともとのボルトの状態わからないから、見てもわかるはずもなく。
ボルトを交換して、運よく(?)の今朝の雪で、動作確認。なかなか飛ぶじゃないですか。しかも力が出て今まであきらめていた積んであった雪もよせることができました。
で、振り返って。今までずっと飛んでいないのはなぜ? 除雪機を使って一日目でボルトを切ったってことかな。
気付けよって。(^_^;)
ちなみに、今日はかなり注意して使ったつもりだけれど、終わってみたらやっぱり片方切れてました。そうゆうものなのね。
昨日、ボルトの取り付け方を教えてもらって、そのうえで今日は取扱説明書みたけど、超わかりにくい説明+イラストです。知っている人しか読まないと思っているなぁ。私のような機械音痴の人がたまに使うので、改善お願いしますよ。昔の職業柄ちょっと気になります。